美しい景色に心癒される冬旅《大内宿・あぶくま洞ほか》

四季にはそれぞれの美しい景色がありますが、

冬はロマンチックで情緒のある景色が観たくなりませんか?

そんな冬景色が楽しめる周辺スポットをご紹介します。

 

【あぶくま洞】

約8,000万年という悠久の歳月を経て創られた大自然のアート

全長600メートルのコースでは様々な鍾乳石が鑑賞でき、

その種類と数の多さでは「東洋一」とも言われています。

洞内は天候に左右されにくく、平均気温も15度と、

冬は少し暖かく感じられるほどで寒い時期の観光にもピッタリ。

一般コースのほかに探検コースもあり冒険気分も味わえます。

ライトアップされた幻想的な地底空間をぜひお楽しみください。

 

あぶくま洞HP

〒963-3601 福島県田村市滝根町菅谷東釜山1

(当館よりお車で約1時間40分)

 

【大内宿】

江戸時代そのままの面影を今に残す宿場「大内宿」

福島の中でも人気ランキング上位に入る観光スポットですが、

冬は茅葺き屋根の街並みが雪にすっぽりと覆われ、

“日本の美しい冬景色”を凝縮したような感動の光景に。

どこか懐かしく、暖かく、ノスタルジックな空間に

まるで江戸時代にタイムスリップしたような気分を味わってみてください。

 

大内宿HP

〒969-5207 福島県南会津郡下郷町大内

(当館よりお車で約2時間10分)

 

【袋田の滝】

日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」

寒さ厳しい冬には滝が凍結する「氷瀑」と呼ばれる神秘的な光景が見られます。

全面凍結した年にはピッケルを片手に氷壁に挑む人の姿も。

江戸時代には水戸藩主の徳川光圀、治紀、斉昭らが滝を詠んだ和歌を残し、

西行法師が「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と

絶賛したことなども伝えられています。

 

袋田の滝案内ページ(大子町観光協会) ※氷瀑時期には滝の凍結情報も掲載されています。

〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田3−19

(当館よりお車で約40分)

 

【久慈川の氷花(しが)】

日本で有数の鮎の釣り場として有名な久慈川

真冬の気候条件の揃った時にだけ、

無数のシャーベット状の氷が川の表面を流れる「氷花(しが)」という現象が見られます。

川の流氷とも言われ、朝日に照らされて氷の欠片がキラキラと輝く光景は、とても幻想的です。

日本ではほぼこちらでしか見ることができず、また発生する条件も厳しい激レア絶景スポットです。

 

久慈川の氷花紹介ページ(大子町HP)

茨城県久慈郡大子町周辺の久慈川

(当館よりお車で約40分)

 

“>