年の瀬、年の始まりにパワースポット巡り《神社・白河だるま》

もうすぐ2021年も終わり。

皆様にとってはどんな1年でしたでしょうか?

1年の終わりに、そして新しい年の始まりに

縁起のいいものに触れたり、パワースポットに訪れて、運気を上げてみませんか?

 

【山本不動尊】

平安時代初期の807年に弘法大師空海が鬼瓶山に巣くう悪鬼を鎮める為、

当地に護摩壇を築いたのが始まりとされます。

開運・厄除け・魔除け等の不動尊として知られています。

樹齢100年を超える杉並木を過ぎ、130段の石段を上り詰めれば

巨岩の洞窟に御本尊が安置された霊場が出現。

整備された参道や広い境内を彩る四季折々の景色にも心が洗われます。

 

山本不動尊HP

〒963-5685 福島県東白川郡棚倉町大字北山本字小檜沢94番地2

(当館よりお車で約30分)

 

【白河 鹿嶋神社】

宝亀年間(770~780)光仁天皇の御代にこの地に祭られました。

例大祭である「白河提灯祭り」は約400年の伝統があり、

日本三大提灯祭りのひとつに数えられています。

古代からの祭祀が行われ聖地と云われる大岩(磐座・いわくら)や、

神霊が宿ると云われている樹齢1000年の杉の大木などがパワースポットとして知られています。

 

白河 鹿嶋神社HP

〒961-0051 福島県白河市大鹿島8番地

(当館よりお車で約60分)

 

【南湖神社】

名君として名高い白河藩主・松平定信公をご祭神とし、南湖公園の中にあります。

今年の大河ドラマの主人公・渋沢栄一翁の援助のもと建立されました。

定信公が白河の男性と会津の女性を引き合わせ縁を取り持ったという逸話から、

縁結びのパワースポットとして神前結婚式も多く行われています。

 

南湖神社HP

〒961-0811 福島県白河市菅生館2

(当館よりお車で約60分)

 

【白河だるま】

こちらは「パワースポット」ではありませんが、

縁起物として知られる《白河だるま》はご存じでしょうか?

顔全体が福々しく、眉は鶴、ひげは亀、あごひげは松、びんひげは梅に見立てられ

顔の下には竹を模様化した「鶴亀松竹梅」を取り入れた縁起の良いだるまとして知られています。

また、目なしだるまに願いを込めて書き入れる習わしもあり、「祈願だるま」としても有名です。

毎年2月11日には約300年続く「白河だるま市」も開催されています。

 

白河だるま市 ※今年の開催は未定です。

白河観光物産協会

(当館よりお車で約60分)

 

【だるまランド】

白河だるまが気になった方は、今年の7月オープンの体験型のこちらの施設はいかがでしょうか?

職人さんが絵付けをする作業等を見学できたり、

たくさんの人気キャラとコラボしたダルマを見ることができたり、

白河だるまを「見て、学んで、楽しむ」ことができるエンターテイメントな空間です。

物販コーナーも充実しているので、ワクワクしながらお好きなダルマを選んでみては?

 

だるまランドHP

〒961-0907 福島県白河市横町30
(当館よりお車で約60分)

“>